読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいちトリエンナーレ2016 私的ガイド 

私的にあいちトリエンナーレのご案内をします。情報の詳細は公的なものでお確かめください。

中日新聞 朝刊 10月5日 佐藤翠さん紹介

<美術> 佐藤翠「鏡のロイヤルブルークローゼット1」 

2016/10/5 朝刊

 ◇佐藤翠「鏡のロイヤルブルークローゼット1」(「あいちトリエンナーレ2016」名古屋市長者町会場、八木兵錦6号館ビル2階=23日まで)

 鮮やかな青に染まった鏡に描かれた洋服やバッグ、ハイヒールの靴。クローゼットを主題に絵画制作を続ける佐藤がトリエンナーレに出展した新作=写真=は、おしゃれな人の洋服だんすをのぞいたような華やいだ気持ちをもたらす。

 佐藤は名古屋市出身の三十二歳。名古屋芸術大在学中に自分しか描けない絵は何かを考え、販売店で働くほど好きだった服飾品を選んだ。鏡をキャンバス代わりにする手法は「展示空間を作品に取り込みたい」と昨年から挑戦。油彩とアクリルで描いた絵のすき間にのぞく鏡面が鑑賞者の姿を映し、反射した光を床に散らす。青いクローゼットと展示室の間には確かに、不思議なつながりが生まれている。

 植物をイメージした色鮮やかな抽象画も展示。「花や木の美しさには、装飾の原点を見いだすことができると思う。クローゼットと合わせることで、とらえ方が広がれば」。華やかな表現世界には、まだまだ奥行きが広がっていそうだ。

 (喜)

10月1日 東海テレビ ぐっさん家 豊橋駅界隈散歩

www.tokai-tv.com

 

全国放送ではありませんでした・・・が、◆新潟総合テレビ◆兵庫・サンテレビでは放送されているようですね。

岡崎シビコ周辺 駐車場

f:id:aitori:20160903152222j:plain

シビコ地下駐車場に停めて、石原邸や岡崎表屋へ行くことが可能です。

また、東岡崎駅までは「康生」のバス停から手軽にアクセスすることができます。

(無料駐車場はありません)

times-info.net

路線図|名鉄バス 

岡崎公園 Okazaki Park   大型バスも駐車できます。

www.city.okazaki.lg.jp  篭田公園地下駐車場の案内だけですが・・・

www.city.okazaki.lg.jp   リブラ駐車場の案内です。駐車場が増えたので、満車になることはないと思います。

 

 

岡崎の和船は10月2日で終了

f:id:aitori:20160929222721j:plain

みなさん、もう乗られましたか?

もう終わってしまうんですね~最近は、岡崎駅前のレンタサイクルも満員状態のようです。

 

 

10月1日(土)・2日(日)、あいちトリエンナーレ2016国際シンポジウム「文化・成熟・発酵」を開催します

10月1日(土)14:00~18:00
10月2日(日)13:00~17:00

愛知芸術文化センター12階アートスペースA

10月1日(土)・2日(日)、あいちトリエンナーレ2016国際シンポジウム「文化・成熟・発酵」を開催します | あいちトリエンナーレ2016

 

 

平成28年10月11日(火)午前10時から 大巻伸嗣《Echoes Infinity―永遠と一瞬》立ち入り解禁

あいちトリエンナーレ2016 国際展参加アーティスト大巻伸嗣の、愛知県美術館10階作品内への立ち入りが可能になります! | あいちトリエンナーレ2016

2016年9月29日 中日新聞 社説

誰のためのトリエンナーレなのか?何が私たちにできるのか?少しまじめに考えるべきことです。多額の税金で開催されていることは忘れてはいけません。

トリエンナーレ 創造の旅に加わろう

 現代アートの祭典、あいちトリエンナーレが、名古屋など愛知県の三都市で開かれている。三回目を迎え、その最大の魅力としている“街なかミュージアム”が広範に根づくか。正念場にもなる。

 テーマは「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」。

 今回の芸術監督を務める港千尋さん(多摩美術大教授)が打ち出した。「サライ」は旅の疲れを癒やす「家」を意味するという。

 世界を旅し、写真家で著述家、大学では映像人類学を教える港さんらしい着想だ。

 トリエンナーレはイタリア語で三年ごとの意味。三年に一度の芸術展覧会をいい、二年に一度なら「ビエンナーレ」。最も古い国際芸術祭は、一八九五年に始まったベネチア・ビエンナーレだ。国同士が数々の芸術部門で競う芸術の「五輪」としても知られる。

 「あいち」の始まりは二〇一〇年。三回目の今回は、名古屋(主会場)・岡崎両市に新たに豊橋を加え、三都市に会場を広げた。

 現代美術、舞台芸術などに過去最多の三十八の国・地域から百十九組のアーティストが参加。その内訳は海外組が上回る。

 分かりにくいともされる現代アートに親しむだけでなく、テーマが暗示する通り、異文化発見、交流の場となる期待も大きい。

 中でも、リオ五輪パラリンピックの舞台だったブラジルとの関わりに注目したい。

 愛知県で暮らすブラジル人は約四万八千人。全国の都道府県で最も多い。そのつながりを意識し、祭典の総合学芸員的な役割(キュレーター)の一人にブラジル人女性を初めて抜てき。前回はゼロだったブラジル人作家も四人が出品し、地球の反対側から発せられた熱気との共鳴を試みたのだ。

 都市型では横浜トリエンナーレ(〇一年から)が先輩格だが、今秋から、さいたまトリエンナーレ(テーマ「未来の発見!」、十二月十一日まで)、茨城県北芸術祭(「海か、山か、芸術か?」、十一月二十日まで)なども開かれ、芸術祭は地域振興型も含めてそれぞれの真価が問われる。

 国内最大級の規模と目される、「あいち」の最大の個性は、街中を、丸ごと美術館や博物館に見立てた市民参加型の取り組みだ。

 それを一過性に終わらせぬためには十月二十三日までの会期中、市民側の盛り上がりも試される。「創造」のキャラヴァン(隊商)の乗組員は、街なかでアートを楽しむ人々でもあるのだから。

*************************************