あいちトリエンナーレ2019 私的ガイド 

私的にあいちトリエンナーレのご案内をします。情報の詳細は公的なものでお確かめください。

2019 あいちトリエンナーレ

小田原のどかトークイベント  2019年9月13日(金)19:00〜21:00 豊田産業文化センター小ホール

aichitriennale.jp 一連の騒動で延期になっていた小田原さんのトークショーが開催されます。場所は、喜楽亭がある敷地にある産業文化センター。 豊田のまちなか会場は18時クローズなので、夕食をどこかで取って来ることが可能です。その前に、T02cの台に…

豊田市美術館内の作品 T06ab,T07,T08,T09a,T10,T11

T00はトリエンナーレのマップにもある展示番号です。豊田市会場の作品は、すべてTで始まり11人のアーティストが参加していることが分かります。 豊田市美術館1階はクリムト展、関連グッズ売場のみで、トリエンナーレは2階から3階の階段を登って行きま…

豊田市へ電車でお越しになる場合 名古屋市内を往復する場合は、地下鉄乗車券がお得な場合があります

もしも、名古屋市内を往復されるのでしたら、赤池経由の路線を利用し、地下鉄の1日乗車券(740円)でお得なのかもしれません。赤池ー豊田間は別に料金がかかります。 また土日、8日だとドニチエコ切符(600円)があります。 お得な一日乗車券・地下鉄…

豊田市ーセントレア(中部国際空港)の交通 高速バスがお勧めです

遠方から豊田市美術館に来られる方もいるようです。ラグビーもあります。 中部国際空港から、名鉄電車でもアクセスは可能です。ただし、名古屋市経由になります。 バスは1,900円、電車ならば1,700円。時間は5分弱。(バスは交通状況で前後します…

NHKクローズアップ現代+ 2019年9月5日放送 「表現の不自由展・その後」 中止の裏で何が

http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/ 2019年9月5日(木)放送 「表現の不自由展・その後」 中止の裏で何が 1か月前、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展、「表現の不自由展・その後」に抗議が殺到、わずか3日間で展示が中止になりました。取材を通…

不自由展混乱、見えぬ出口 あいちトリエンナーレ 中日新聞 2019/9/1 紙面から

「表現の不自由展・その後」の中止に抗議し、変更されたモニカ・メイヤーさんの展示。日常で感じる性差別や偏見を来館者が用紙に書き、木の枠(奥)につるす作品だが、用紙を床に散らし、声を上げる場を奪われた状態の表現に変えた=名古屋市中区の名古屋市…

中日春秋  2019/8/5 紙面から (コラム)

一八六三年、ナポレオン三世はサロン・ド・パリ(官展)に選ばれなかった作品のみを集めた「落選者展」を開催することにした。落選者の不満を受けてのお情けだったそうだ ▼「落選者展」においてもひどく批判された作品がある。マネの「草上の昼食」。男性二…

巨大アート 街を楽しく 美術家   マナビバ(小中学生向き)2019/8/25 中日新聞朝刊

今、愛知県内(あいちけんない)で行われている3年に1度(ど)の国際芸術祭(こくさいげいじゅつさい)「あいちトリエンナーレ2019」。国内外から90組以上(いじょう)のアーティストが参加(さんか)しています。その1人が地元出身(しゅっしん)…

2019/8/26 中日新聞 夕刊から <文化彩々> 確かな声 

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」。今月中旬のある日、主会場の愛知芸術文化センターの展示をぐるりと一巡したところで、スタッフに「お願いします」と一枚の用紙を手渡された。 感想や意見を書くアンケートだ。実行委員会がこれ…

2019/8/29 中日新聞 朝刊 <見る歩く あいちトリエンナーレ2019>(上) 作家・高山羽根子さん 

<たかやま・はねこ> 1975年、富山県生まれ。東京都在住。2010年に「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞佳作に選ばれデビュー。16年、「太陽の側の島」で林芙美子文学賞。今年1、7月の芥川賞に連続で候補入りした。 愛知県で開催中の…

あいちトリエンナーレ2019 T04 旅館アポリア アポリアの意味は?

喜楽亭は移転される前は「料理旅館」でした。 一ノ間で概要は分かると思いますが、「アポリア」とはなんぞや アポリア - Wikipedia 哲学用語ですが、この映像だけではない、しつらい、音声、色彩全部を感じる結果が、アポリアなのかもしれません。 ホー・ツ…

T03b シティプラザ(サイゼリヤ2階)しんかぞくの展示は無料で参加できます。所要時間30分以内

http://koromomatsuri.com/小さな子どもさんでも参加できる展示作品が、和田唯奈(しんかぞく)さんの作品です。 豊田市駅下のT03aで、受付をしてから参加した方が、絶対楽しいです。 チラシにある地図のとおり、徒歩1分。デッキには上がらず(降りないとい…

小田原のどかさんのメッセージ 「つくること、書くこと、展示することは、対立を深めるためではなく、他者への想像力を絶やさないこと、あらゆる意味における相互理解とともにある

T02aの展示室内にあるメッセージです。 名鉄豊田市駅下展示(豊田市美術館以外の豊田市会場)は、すべて無料です。

モバイル・トリエンナーレの紹介

aichitriennale.jp